Pocket

第二話「掌」 あらすじ TVアニメ「僕だけがいない街」公式サイト

 

僕だけがいない街第2話のあらすじ。

そして、視聴したいろはとこよりの感想とちょっぴり考察・予想の会話の模様です。

 

スポンサーリンク

【僕だけがいない街】 第2話「掌」 あらすじ

 

悟は突如、昭和63年に時間跳躍する。
それは“リバイバル”。
過去に戻り「違和感」を解決することで、起こりうる事件を回避するという現象だ。
そこでは母が在りし日の姿のままでいる……。
悟は失ったはずの時間を噛み締め、母を救いたいと願う。
これがリバイバルなら、違和感を解消すればそれが叶うかもしれない。
だが、なぜこの時代なのか、違和感がどこにあるのか。
答えが出ない悟。
その前を、ひとりの少女が通り過ぎる―。

雛月加代。
この後殺害されるはずの彼女こそ「違和感」の源…悟の直感はそう告げていた。
彼女の足に打撲症の跡があることを確認し、悟はアプローチをかける。
その反応は冷たかったものの、事件以前から彼女の身に何かが起きている感触があった。
友人ケンヤの言葉をきっかけに開いた学級文集、悟は雛月の作文にSOSのメッセージを読み取る。
雛月と再び会った悟は、「踏み込む」決意とともに、彼女を誕生日会に誘うのだった。

 

<予告動画>

脚本:岸本 卓
絵コンテ・演出:石井俊匡
作画監督:伊藤公規

 

 

【僕だけがいない街】 第2話「掌」 感想・考察

スポンサーリンク

リバイバルについて

いろは
リバイバルってなんだろう。いきなり小学生まで戻っちゃうとかビックリだよね!
こより
今の段階でリバイバルについて語られている内容をまとめるとこんなところでしょうか

 

 「リバイバル(再上映)」

★主人公・藤沼悟が以前から経験している特殊な現象
★悟の周囲でなにか「悪い事」が起きる直前の1分~5分ほど前に時が巻き戻り、彼にとっては一種の時間跳躍とも呼べる体験
★リバイバルを体験している時には、必ずどこかに「違和感」があること
★その「違和感」こそが「悪い事」の原因であり、それを探し出して解消すればトラブルは回避できる
★「違和感」を解消することで、リバイバルは終わる
★「リバイバル」の際には記憶も一貫して引き継がれる
★リバイバルによるトラブルの回避を「マイナスだった出来事がプラマイゼロになる」程度のことだと悟は認識している(悟自身にとってはマイナスになることもある)

 

いろは
能力に目覚めたきっかけや発動条件とかどうなってるんだろう
こより
以前から経験してた、としか言われてないので不明ですし、本人の意思とは無関係にリバイバルが起こってるように見えますね
いろは
もしかしたら他に同じような能力(?)者やリバイバルとは別の能力が使える人が出てくるかもしれないよね
こより
それはあるかもしれませんね

したっけについて

いろは
「したっけ」って挨拶してたのが最初すごく違和感だった
こより
私も初めて聞きました。どうやら北海道の方言のようですね。そうしたらとかじゃあねって意味だそうですよ。

文集について

いろは
タイトル名は加代ちゃんの文集に書かれていた「私だけがいなくなった街」から来てるのかな?
こより
最初はリバイバルしている自分は自分であって自分ではないから…という意味かとも思ったんですけれども
いろは
あと主人公がどんな文章書いてたのか気になる!

スポンサーリンク

Pocket